よく聞く界面活性剤って何者?

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
界面活性剤ってよく聞く言葉ですが、
どのような働きをしているのでしょうか?

界面活性剤は洗剤の主成分であり、汚れをおとす働きがあります。

界面活性剤というと洗剤系のイメージが強いですが、
菓子・調味料・加工食品・乳飲料・炭酸飲料などの食料品や
医薬品・化粧品にも使われています。

界面活性剤の界面とは、異なる物質の境目のことで、洗濯を例に取ると、
水と汚れ、水と衣類、汚れと衣類、洗濯槽と水など、それぞれに界面があります。


界面活性剤を一言で説明すると、水と衣類と衣類の汚れの界面に
働いて、水と衣類の汚れを混じり合わせることで汚れを分離します。

界面活性剤には浸透作用、乳化作用、分散作用という3つの作用があります。
それらが総合的に働いて、衣類や食器などの汚れを落とします。

浸透作用は、繊維を水に浸すと繊維の中に水が入れずなじみません。
これは界面張力(水の分子同士が引き合う力)が強く働いているためです。
水に界面活性剤を入れると界面張力が下がり、繊維の表面と水が
なじみやすくなるため、繊維の中に水が簡単に入っていきます。
これを浸透作用といいます。

乳化作用は、水に油を混ぜようとしても、分離してしまいます。
ここに界面活性剤を加えると、界面活性剤の親油基が
油の粒子を取り囲み、水と油が均一に混ざり合うことができます。
これを乳化作用といいます。天然の乳化物の代表が牛乳です。

分散作用は、ススのような粉体を水にいれても、
混ざり合わずに表面に浮かんでしまいます。
界面活性剤を入れると、ススの粒子は界面活性剤の分子に
取り囲まれて、水中に分散します。
このように粉末を水に散らばらす作用を分散作用といいます。

この様に多方面に使用されている界面活性剤ですが、
利便性だけではなく、人体への影響も少なからずあることも
覚えておく必要があります。

同じ界面活性剤でも「天然界面活性剤」と「合成界面活性剤」
では、全く別ものです。

次回は、界面活性剤で私が書きたかったテーマあり、覚えておきたい
「合成界面活性剤」の恐怖を書きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/99-e36688db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。