ナノテクノロジーが育毛剤を変える

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナノテクノロジーという言葉をよく聞くようになりました。
ナノは単位の基礎となる数値の十億分の一の量を表します。
(逆に十億倍はギガgigaとなります)
髪の毛の太さが80ミクロンといわれてますので、髪の毛の実に一千万分の一以下のサイズです。

驚くことにナノエッグ社では十億分の一サイズのカプセルを開発しています。
現在は医薬品や化粧品に応用されて商品化されています。
直径15?20ナノメートルのコーティングカプセルの中に薬剤を封入して、体内に送り込むそうです。

この技術を育毛や発毛にも応用した商品開発がされていることのことです。
育毛効果のある薬剤をナノレベルサイズにすることで、頭皮内への浸透を増強させることが可能となったそうです。
このナノテクノロジーは皮膚の角化細胞だけでなく、毛母細胞の増殖を促進することを発見したことで、育毛剤への商品化のめどがついたとのこと。

育毛剤の効果は半年ほど使用してみないと、自分に合っているのか判別できない、非常に時間のかかるものです。
このナノ技術では一ヶ月ほどで効果判別ができるようになるそうです。
毛根経由での薬剤吸収率が高いからこそできるワザです。
平成23年度の発売予定とのことですので、期待は大きいです。

現在の育毛剤の多くは、血行促進による育毛効果を狙った商品が多いのですが、大半は頭皮に浸透していないことになります。
無駄な努力とお金を使っているのかもしれません。
高額商品でも効果が確認しにくいのは、頭皮に浸透していないことが原因かも知れません。
シャンプーを丁寧にして皮脂を取り除き、育毛剤をマッサージしながら擦り込むことが、現在の対応かと思います。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/84-75efbd20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。