育毛剤の作用を分類すると5つになる

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育毛を目的とした育毛剤は、実に多くの商品が出回っています。
育毛剤の成分は血行促進、抗菌・殺菌、保湿作用の組み合わせで作られていますが、育毛剤の働きで分けると大きく5つに分類されます。

男性ホルモンの働きを抑制する男性ホルモンが男性型脱毛症(AGA)を引き起こす仕組を抑制するタイプです。
男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きでデヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが脱毛を引き起こすといわれています。
AGA治療薬として有名なフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルなどの医療用医薬品での治療となりますので、医師の診断と処方箋が必要です。

頭皮の血行促進を改善する
血液循環を良くして発毛を促進するのがこのタイプです。
成分としてはミノキシジル、塩化カルプロニウム(カロヤン)、センブリエキス、トウキエキスなど多くの種類があります。
頭皮の血行が悪くなる原因の一つに、加齢と共に頭皮が固くなることが上げられます。
頭の皮が動くように頭皮マッサージをすると効果があると思います。
頭皮マッサージの仕方はこちら

毛母細胞を活性化する
頭皮から直接、毛根に有効成分を浸透させるタイプです。
頭皮に直接浸透というセールスは、いかにも効果がありそうです。
ナノテクノロジーを応用した商品が主流のようですが、細胞分裂を活発化させるニンニクエキスなどの天然成分を使用した商品も多く開発されています。
第5回日本バイオベンチャー対象グランプリを受賞したダブルテラ(ナノインパクト)、スカールコラーゲンや天然酵素ブレンド(ミラクルエンザイム)などの分子の働きを利用した発毛・育毛ミスト「M─1」

また、アメリカ・ヨーロッパにおいても、細胞増殖促進剤・増毛剤として特許を取得している「長鎖分割ポリリン酸」を使用した育毛剤薬用ポリピュア
が上げられます。

傷んだ頭皮を改善する
健康な髪は健康な頭皮、ひいては健康な体に育ちます。
夏の紫外線、猛暑による汗など頭皮は弱ってしまいます。
また、シャンプーのしすぎや粗悪なシャンプー、刺激の強い整髪料など、頭皮にダメージが貯まりやすい環境になっています。
ヒノキチオールやセンキュウエキスが使われるのは、殺菌作用や抗炎症作用、細胞活性効果などがあるためです。
シャンプーは育毛効果の期待できる薬用スカルプD
ウーマシャンプー
など、ご自分に合った育毛シャンプーに変更されることをオススメします。

発毛環境を整える
発毛環境を整えるには体の健康が一番です。
頭皮環境や髪に効果があるサプリメントを利用すると、効果的に育毛効果が期待できます。
ノコギリヤシパルテノライドカプサイシン、イソフラボンに効果があるとされています。

育毛剤によく使われている成分はこちら



関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/73-fdbd7848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。