黒髪のあやしい伝説 3

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
?ダイエットをすると抜け毛が多くなる?
ダイエットの方法にもよりますが、どうしても十分な栄養が摂れず、毛根にも栄養が行き渡らないために、結果的に抜け毛促進になってしまいます。
日ごろからバランスのとれた食生活・適度な運動が体のためにも髪のためにもよいといえます。
やせる価値観とフサフサ髪の価値観、あなたはどちらが重要ですか?

?白髪を抜くと黒髪になる?
白髪にまつわる迷信は数々ありますが、「白髪を抜くと黒髪になる」は間違いです。
白髪を抜いたことで毛根周辺の環境がよくなって、メラノサイトが活性化されれば色素の量が増え黒くなる可能性は多少あります。
が、そうでない限り白髪のあとに黒髪が生えてくるということはありません。

?茶髪にするとハゲる?
髪を染める方法には、単に明るくしたいだけなら“ブリーチ”。
変えた色を長持ちさせたい方は“ヘアカラー”。
ダメージが気になる方は“ヘアマニキュア”と言うように種類があります。
ブリーチは黒髪の元・メラニン色素を分解すること(脱色)で髪を明るくして、ヘアカラーはそれに好みの色を入れることで染色します。
ヘアマニキュアは髪の表面を染料で覆い色を変えます。
従って、ヘアマニキュアは他の方法に比べて頭皮へのダメージが少ないと言えます。
染料は浸透性が非常に高く毛根にダメージを与えます。
髪は皮膚の一部ですので、毛根部分は髪を作る大切な工場です。
この工場がダメージを受けることで健康な髪が生えにくくなり、薄毛の原因となります。

?体毛が濃い人は薄毛になりやすい?
髪の成長は女性ホルモンによって促進され、男性ホルモンによって抑制されると考えられています。
ヒゲや胸毛・すね毛などの成長は、男性ホルモンによって促進されるといわれています。
従って男性ホルモンの分泌が多い人ほど髪が薄くなりやすく、逆に胸毛やヒゲが濃くなりやすいということも考えられます。
しかし男性ホルモンが反応する場所は、人それぞれで異なりますので、ヒゲに大きく反応しても頭頂部にはそれほど反応しない人もいます。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/71-ab4ac242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。