抜け毛の原因?ストレス

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代社会はストレス社会と言えると思います。仕事や人間関係、或いは家庭でも多くのストレスが私たちを取り巻いています。
ストレスを溜め込むと体のバランスがおかしくなり、不調になることは皆さんも経験があると思います。
ストレスは血液循環を悪化させ肩こりや頭痛、胃炎の原因になったりしますが、抜け毛を促進する原因にもなっています。
その主な要因をご説明します。
■血行不良
人間の血液は自律神経によってコントロールされており、ストレスが自律神経を緊張させ血管を収縮させます。
その結果、血液の流れが悪くなり、肩こりや首こりなどの障害を引き起こします。
髪の毛を発育させる毛母細胞へ十分な栄養が行きわたりにくくなり、毛が細くなったり抜け毛の原因になります。
■不眠症
自律神経には人の体を活発にする交感神経と、人の体をやすめる副交感神経の2つがあります。
髪が育成されるのは、睡眠しているときに働く副交感神経の役割で、ストレスはこの副交感神経の働きを弱めます。
布団に入ったのにいつまでたっても眠れない…この様な症状は副交感神経が、正常に機能していないと言えます。
また、睡眠には昼に受けた髪のダメージを修復する作用もありますから、寝る時間が短くなると抜け毛を加速させることになります。
■内臓不調
ストレスによって胃が痛くなるのは、自律神経に支障をきたしているためです。
内臓の働きが不調になると、髪を育てるタンパク質やミネラルの合成や吸収が悪くなり、ヘアケアにはマイナスです。
■アドレナリンの過剰分泌
強いストレスを受けると、アドレナリンが作用し筋肉が極度に緊張します。アドレナリンの影響で、体内の活性酸素が急激に増加し、皮脂腺が活性化され必要以上に皮脂が分泌されます。
過剰に分泌された皮脂は、毛穴の中の古い角質と混ざり合い「角栓様物質」という塊となって毛穴を塞いで育毛を阻害します。

ストレスの発散方法は人それぞれで異なると思いますが、気持ちをいつもポジティブに保つことでかなり解消可能と思います。
ストレス解消が上手な人は髪の毛に良い環境を作っていると言えます。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/6-09757199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。