育毛剤の育毛成分には何が入っているか?

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発毛剤ではAGA治療薬で有名なミノキシジルとフィナステリドは、病院治療薬ですので、それ以外の一般販売されている育毛・発毛剤の成分を検証してみました。
育毛剤は何が入っていて有効成分は何が良いのでしょう。

大正製薬のリアップはミノキシジルがセールスポイントの商品ですが、その他の育毛剤を調べてみると実に色々な成分が入っています。
育毛剤自体も沢山の種類が発売されており、代表的なところでは、資生堂の薬用アデノゲン、ライオンの薬用毛髪力各種、第一三共ヘルスケアのカロヤンガッシュ各種、ツムラライフサイエンスのモウガ各種、プロピアのブログノ各種、花王のサクセス薬用フラバサイトとトニックなどがあります。
他にも高額な育毛剤が多く販売されていますが、価格が高ければ効果も高いと思うのは間違いです。

育毛剤に含まれる成分は血行促進、男性ホルモン抑制、抗炎作用、脂質除去、清涼作用などの成分に分類できます。

育毛成分の目的は毛母細胞を活性化させることで、薄毛を予防・回復させたり、発毛を促すことになりますので、毛母細胞に働きかける成分になります。

血行促進成分として一般育毛剤にはペンタデカン酸グリセリド、塩化カルプロニウム、センブリエキス、白薬子(びゃくやくし)エキス、ビタミンH、パントテン酸カルシウム、t-フラバノン、ベンジルアミノプリン、コレウスエキス、ニンジンエキス、ニコチン酸アミドというところが使われています。
それぞれの育毛剤で上記の成分の内、どれかを使用しているケースが多く見られました。
薬用アデノゲンのように資生堂が開発したアデノシンをベースにしている育毛剤もあります。
この中でセンブリエキス、白薬子(びゃくやくし)エキス、t-フラバノン、ニンジンエキスは植物からの抽出エキスですので安心かと思います。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/44-4612b2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。