プロペシアの副作用について

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されるプロペシアの主成分「フィナステリド」は、その強力な効果ために副作用のリスクが指摘されています。
そのため、AGAは治療したいけれど、副作用が怖くてプロペシアの服用をためらってしまう人は少なくありません。
しかし、実際には副作用の発症率は全体の2?5%と低く、症状も軽いものがほとんどです、
安心してAGA治療に取り組むためには副作用のリスクについての正しい知識を持つことが非常に重要な点になります。
プロペシア服用時に発症する可能性のある主な副作用について説明ます。
男性機能の低下
プロペシアの副作用としては最も多く見られる症状で、性欲の減退、勃起不全、精子の減少などが挙げられます。
この中で特に症例が多いのは性欲の減退で、1?2%の人が体感していますが、他の2つと同様、軽症で済みます。
また、プロペシアは性欲を司る「テストステロン」に直接作用するものではないため、性欲の減退に関しては、理論上はこの副作用は起こらないことになっているようです。
体調不良
頭痛や腹痛、下痢、胃部不快感など、体調が不良になる場合がありますが、男性機能低下より更に発症率が低い副作用のため、万一起こっても軽い症状で済みます。
プロペシアによる重篤な副作用
上記に挙げた副作用の他に、極めて稀ですが重篤な副作用を起こす可能性があります。
実際、万有製薬が、自社のプロペシアを服用することによって肝機能障害が起こり得ることを発表し、2007年にプロペシアの重大な副作用として追加しています。
万有製薬プロペシア情報サイト
したがって、肝機能が弱っている方で、プロペシアを個人輸入代行業者などから入手する場合には注意が必要です。
必ず、事前に医師に相談するなどの用心をしてください。
禁止事項
プロペシアは成人男性専用の治療薬であり、女性や未成年者の服用は禁じられています。
特に、妊婦は胎児に影響を及ぼす可能性があるため、手で錠剤に触れることすら禁止されています。
スポーツ選手はドーピング検査に抵触します。

購入するには国内販売されていないため個人輸入、又は輸入代行業者から購入することになります。
ジェネリックプロペシアは40%?80%安く購入できますので、一ヶ月当たり5,000円程の費用で済みます。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/35-0f9d7ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。