医薬品と医薬部外品の区別は?

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬事法ではその製品の効能において区別をしています。
育毛・発毛剤に限定して薬事法を見ると、医薬品は「壮年性脱毛や円形脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防など」となっています。
一方、医薬部外品の効能は「脱毛予防、発毛、育毛の促進など」と区別されています。
これだけでは分かりません。
医薬品と医薬部外品の定義(薬事法第一章 長くなるので記載しません)においても、明確な区別がつけることが出来ません。
一般的には医薬品と明記されていると医薬部外品よりグレードが高いと思いがちですが、そうではないようです。
配合成分が医薬品認定になっていると医薬品の認定が必要となり、認定されると医薬品販売が可能となります。
育毛・発毛剤に関しては販売元の価格戦略上、医薬品のほうが高く売れ、イメージが良いということかも知れません。
大手の製品では大正製薬のリアップ、第一三共のカロヤンが医薬品ですが、花王のサクセス、ランオンの薬用毛髪力、ツムラのモウガ、資生堂のアデノゲンなどは医薬部外品となっています。
こうしてみると製薬会社は医薬品で、その他は医薬部外品となっています。やはり製薬会社の力関係があるのかも。
AGA治療薬の飲み薬であるフィナステリドと頭皮につけるタイプのミノキシジル、カルプロニウム塩化物はいずれも医薬品となります。
万有製薬のプロベシアも医薬品で、上記同様健康保険の適用はありません。
薬事法の改正により医薬品がネットショップで購入できなくなりましたので、育毛剤は対面販売となり買いにくい商品になりました。
薬事法の改正反対!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/30-cc6434e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。