ハミルトン・ノーウッド分類

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご自分の薄毛の進行度合いを理解しておく必要があります。
進行パターンとして生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」に区分され、? Vertex型以降はM型・O型の複合型となります。
下記は医師ハミルトン・ノーウッドが作った薄毛のパターン分類法で、AGA(男性型脱毛症)のパターンをI型からVII型まで、薄毛の進行度合いによって分類したものです。 (図はクリックで拡大します)

pic1
?型 前頭部の生え際がM字型に後退しはじめた状態


pic2
?型 I型よりもさらに進行した状態


pic3
?型 II型よりもさらに進行し、頭髪全体のボリュームも薄くなった状態


pic4
? Vertex型 II型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態


pic5
? Vertex型 III型の状態に加え、頭頂部がO型に薄くなってきた状態


pic6?型 前頭部の生え際が?型よりも後退し、頭頂部もO型に薄くなってきた状態


pic7
?型 ?型がさらに進行した状態


pic8
?型 前頭部と頭頂部の薄毛部分が繋がり、発毛部分が側頭部のみの状態


pic9
?型 ?型が進行し、側頭部の毛量も減ってきた状態

ご自分が7段階9タイプのどこに当てはまるのかを確認すると、緊急度が分かります。

床屋さんで聞いた話
「深夜勤務が続くと抜け毛が多くなる」理髪店主の経験談として話されていました。
体の健康=頭皮の健康は充分な睡眠と生活リズムが重要ですね。



関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/20-369fd308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。