シャンプー購入時にチェックしたい危険成分

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンプーは高額だからといって安心できません。
特に通販商品は販売者に責任を求める仕組みはありません。
直接頭皮につけるものですから、成分には注意が必要です。

私事ですが、3000円もする通販の育毛シャンプーを送料が
無料になるとのことで、2個購入したことがあります。
届いて成分をチェックしたところ、発ガン性成分が使用されて
いましたので、販売元に問い合わせたところ、「厚生省では
禁止されていない」との回答でした。
厚生省で禁止されていない成分でも、大手メーカーでは自主的に
使用を控えている成分が多くあります。
禁止となる成分は、死亡事件になったか、被害届が多く、やっと
認めることになった事例が多いと思います。

特に注意が必要な危険成分
● ラウレス硫酸Na(SLS)
● ラウリル硫酸Na
● スルホン(スルフォン)酸Na
● コカミドDEA
● ラウリン酸○○
● ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
● キシレンスルホン酸アンモニウム
● パレスー3硫酸Na
● パレスー3硫酸アンモニウム
● ラウリル硫酸アンモニウム
● ステアリン酸グリセル
● アルキルエーテル硫酸ナトリウム
● フェノキシエタノール
● BHT
● メチルクロロイソチアゾリノン
● パラベン系防腐剤
● ベンザルコニウムクロリド
などなど解明されていない危険成分が他にも沢山あります。

鉱物系界面活性剤を加えると3000種を超える成分があります。

育毛シャンプーは高額商品が安心とは限りません。
台所用洗剤で手が荒れることがありますが、これは「経皮毒」
と言って、ひどい場合はただれたりします。
頭皮でも同じように、石油・硫酸系の合成界面活性剤や
防腐剤、抗菌剤、酸化防止剤の影響を受けています。

頭皮にやさしい、育毛に適したシャンプーは、石油系は避けて
「アミノ酸系シャンプー」が無難と言えます。

油で頭皮ケア!新しい育毛の発想です

関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/120-e92667b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「周囲からの視線を気にせずにいつまでも若々しく、堂々としたいっ」「帽子必需ではなく、雑誌のようなオシャレなヘアースタイルでデートしたいっ!」もしもあなたが、そう思っているのでしたら今すぐこの薄毛対策を始めてください!
2011/08/09(火) 08:49:37 | お金をかけない薄毛対策
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。