ノコギリヤシは薄毛に効果あるか

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男性型脱毛症は遺伝素因や、男性ホルモンの影響が原因と考えられています。
ハーブサプリメントの成分ではノコギリヤシの働きが注目されています。

前立腺肥大の改善・予防に効果があることが医学的にも確認されています。
また、前立腺肥大の改善臨床データには、副作用効果として
毛髪が濃くなったとの報告があり、抜け毛、薄毛の予防に注目されています。

ノコギリヤシは、北アメリカ南東部が原産地で、海岸地の松林や
砂丘に生息している、ヤシ科の植物で、名前の由来ともなっている
大きなノコギリ状の葉を持っているハーブの一種です。

男性型脱毛症は男性ホルモンに影響されていると考えられていますが、
男性ホルモンは、主に「テストステロン」という物質で出来ています。
この「テストステロン」の作用により、筋肉のある強い体を作り、
体毛を濃くして男性らしさを作ります。

図で表すと下図のような関係になります。
noko2.jpg


人の体内には、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が存在しています。
この酵素がテストステロンを「ジヒドロテストステロン」という
物質に変えてしまうことから薄毛やヘアサイクルの変化が起こる
と考えられています。

ジヒドロテストステロンが、髪の元となるタンパク質合成を
阻害したり、皮脂を過剰に分泌させて毛穴を詰まらせることで、
薄毛や抜け毛といった症状を起こすのです。


ノコギリヤシは、5αリダクターゼ酵素を抑制する事で、
過剰なジヒドロテストロンだけを減らしてくれるのです。

ノコギリヤシは、5αリダクターゼ酵素の働きを弱め、
過剰なジヒドロテストロンの発生だけを抑制するため、
副作用がないと言われています。

AGA治療薬として使われているフィナステリドは、
テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する酵素である
5αリダクターゼ酵素を抑制する作用を利用しています。

しかし、女性の服用は絶対禁止と副作用が報告されています。
性欲減退、勃起不全(性機能障害)、精子の減少、睾丸痛など、
他にも、胃部不快感、腹痛、下痢、頭痛、肝障害などが生じる
恐れが指摘されています。

初めて使用される方は医師の処方箋のもとで使用してください。
ジェネリック薬品のフィンペシアがお安く購入できます。
30錠 1570円から (送料無料)
フィンペシア(Finpecia)1mg 1錠/日
フィンペシアは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名な「プロペシア」のジェネリック薬です。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/117-c83eb885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。