自分にあった育毛剤を見つける

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育毛剤は実に多くの商品が出回っています。
どの商品が自分にあっているのか、判別することは難しいと思います。
主要メーカー別育毛剤の特徴はこちらに記載しました。

育毛剤の働きで分けると大きく5つに分類されます。

?男性ホルモンの働きを抑制する
?頭皮の血行を改善する
?毛母細胞を活性化する
?傷んだ頭皮を改善する
?頭皮の発毛環境を整える
各項目の詳細はこちら

育毛剤に共通して含まれている成分は、血行促進成分です。
育毛剤の基本成分と言えます。
各商品によって成分が異なりますが、今回は生薬系成分について取り上げます。

血行促進の生薬系成分
●センブリエキス
●ニンジンエキス
●トウガラシチンキ
●ショウキョウチンキ
●ニンニクエキス
●センキュウエキス
●紅花エキス
●ソフォラ抽出エキス
●センキュウエキス
●トウキエキス
●トウキンセンカ花エキス
●セイヨウアカマツ球果エキス
●ゴボウ根エキス
●クララエキス
●トウキエキス
●オランダカラシエキス
●アルニカ花エキス など
育毛剤に使われている生薬成分です。

科学成分として有名なところでは、血行促進のため血管拡張作用を利用した
ミノキシジル(リアップ)、塩化カルプロニウム(カロヤンガッシュ)があります。

なるべく体に副作用がない天然成分を使用したいところですが、
生薬は改善療法であり、西洋医学は処置療法ですので、
効果が見えやすいのは後者に利があります。

育毛剤で極端に高い価格の商品がありますが、
決して効果と比例しません。
価格は市場原理を反映していますので、売れていない商品は
量産の生産体制もとれず高いコストになってしまいます。

効果を確認するには3ヶ月を要します。
その間、体調が悪くなることもありますし、残業が多くなり、
ストレスを受ける期間もあります。

健康な体に髪は宿るが基本です。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/107-374aeb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。