頭皮も溶かす合成界面活性剤の恐怖

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天然の油脂である脂肪酸ナトリウムや、脂肪酸カリウムから作られる
「純せっけん」は安全性の高い界面活性剤と言えます。
また、天然油脂は微生物により、水と炭酸ガスに分解されますので、
環境にもやさしい成分です。

一方、石油から精製される「合成界面活性剤」は、?高い毒性、
?高い浸透性、?高い残留性を持っていますので、危険度が高いと言えます。

・毒性
 たんぱく質を壊し、アトピー・手荒れ・湿疹・かぶれの原因となります。
 また、体内に吸収されると、肝臓でも分解することができず
 肝臓障害、発ガン補助、血液成分の減少等の原因と言われています。

・浸透性
 科学技術庁の実験で、ウサギの皮膚へ塗布すると、約0.53%が
 血液に吸収されたとのデータがあります。
 人間の皮膚は皮脂膜で有害な物質から守られるようになっているのですが、
 合成界面活性剤は、皮脂膜、角質層を破って体内に進入してきます。
 血液中にしみ込んだ物質は、体中の臓器に広がっていきます。

・残留性
 台所洗剤、洗濯洗剤には非常に多くの合成界面活性剤が含まれます。
 残留性が非常に高く、通常のすすぎだけでは、服や食器についた
合成界面活性剤は除去する事ができないのです。
 洗濯物からは汗や空気中の水分で再び溶け皮膚から体内に吸収されます。
 また、食器に残ったものは食物を通じて口から体内に吸収されます。
 
これら非常に危険な合成界面活性剤ですが、多くの製品に使われ続けているのは
 1)現在の国の基準では規制が出来ない。
 2)化学的に大量生産が可能なため、原価が安い。
などの理由で多くの製品に使われ続けているのが現状です。

台所用合成洗剤をゴキブリにふりかけると即死することは知られています。

合成界面活性剤には2000種類ほどありますが、特に毒性の強い成分を
記載しておきます。
アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
アルキル硫酸エステルナトリウム
アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル
ポリオキシエチレンアルキルエーテル

シャンプーには、頭皮にダメージがある界面活性剤、保湿剤、殺菌剤、
フケ取り剤、過脂肪剤(髪に油分を供給)などが入っています。

育毛を志す者 合成シャンプーは絶対、使用してはいけません。

最近のビジネスホテルではボトルタイプのシャンプーが
置いてありますが、これも要注意です。
できればマイシャンプー持参が良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ikumouassist.blog63.fc2.com/tb.php/100-0627f308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。