育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2010/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
髪や育毛にまつわる言い伝え・迷信をご紹介します。
多くは思い込みや誤解されて伝わっているものが多いのですが、なかには信じたくなる話もあります。
科学・医学的な解明は?ですが・・・

?コンブやワカメが黒々髪をつくる 
私も母から聞いたことがありますが怪しい説です。
「これさえ食べていればハゲない!」という、ハゲに特効的な食物などありません。
根拠となっているのはコンブなどの海草類に特徴的な栄養分はヨードと思います。
このヨードが不足すると毛髪のツヤが悪くなりますが、通常の日本人の食事でこれが不足することはまずありません。
必要以上にヨードをとっても、毛が生えることはありません。
ユラユラしていて長いコンブは、何となく豊かな黒髪を連想させます。
また、コンブの根っこ=毛母細胞とはまったく根拠がありません。
毛髪を作るのはタンパクですから、大豆、豆腐、魚などの良質なタンパク質を十分にとりましょう。
そしてビタミンCやEも同時に摂取する食生活にすれば効果的です。

?白髪の人はハゲない?
毛根には“毛をつくる毛母細胞”と“黒色の色素をつくるメラニン色素”があります。
そして、前者がだめになればハゲに、後者がダメになれば白髪になるわけです。
「若いころから白髪化が進んでいる人はハゲない」という説は根強い説で常識になっている節もあります。
若白髪の人は、男性型脱毛症の兆候が遅れる傾向にあるのかも知れません。
根拠はありませんが。

?ハゲにガンなし?
ハゲの多い白人はハゲの少ない日本人よりも、はるかに胃ガンが少ないそうです。
検証データがありますのでご紹介します。
正常者7,082人、胃ガン患者663人のリストアップ中、それぞれ男性型脱毛症の人の割合を産出したところ、正常者では10. 8%に対し、胃ガン患者ではわずかに4.5%と低値だったそうです。
胃ガンに関する限り、この俗説は的を得ていたことになります。
民族的DNAなのかも知れません。

まだまだありますので次回もご紹介します。
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。