育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2010/01123456789101112131415161718192021222324252627282010/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石鹸は固形、液体、粉末とありますが、固形せっけんについて述べさせていただきます。
育毛されている方でなくとも、石鹸は安心安全と考えていらっしゃる方が多いと思います。
最近では環境面やアレルギーの回避、スキンケアから、ご自分で純石鹸作りされている方も多くなりました。

石鹸は頭皮や肌にやさしい育毛向き洗浄剤なのでしょうか?

石鹸の原料は、牛脂、ヤシ油、パーム油、オリーブオイルなど、動物や植物から採れる天然油脂です。
これらの油脂は、石けんの製造過程で分解して脂肪酸にします。
脂肪酸には色々な種類があり、組み合わせによって用途の違いが出てきます。

さらに天然油脂を製造過程で水酸化ナトリウムや水酸化カリウムを使用して石鹸になります。
水酸化ナトリウムや水酸化カリウムは劇物指定ですので、家庭で作る場合は特に残留しないように注意が必要です。
石鹸は用途によって手洗い、洗顔、お風呂など分けられていますので、手洗い用を洗髪に使用することは、育毛にとって良くありません。
殺菌効果が強すぎて頭皮を痛めてしまいます。

着色料・香料・防腐剤・品質安定剤が使われていない商品も多くありますので、用途に応じて使用できます。
「石鹸は育毛に良い」はどちらとも言えます。

石鹸は環境にもやさしい洗剤ですので、今後用途が増えると思います。
石鹸も合成洗剤も界面活性剤ですが、合成洗剤が環境に放出されると、水と油の分離を妨げるため細胞膜を損傷させ、水生生物の生態に悪影響を及ぼします。
しかし石鹸は、環境に放出されても環境中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンと結合して石鹸カスになって界面活性力を失い毒性もなくなります。
また、石鹸カスは水生生物の餌として摂食されるために生分解性が極めて良好であり環境にやさしいと言えます。

結論としては、「合成シャンプーは自殺行為とすると、頭皮・育毛に悪くは無い」です。
ただし、洗髪したときにキシキシする、指が通らない、髪の毛を乾かした後ゴワゴワするなど使い心地は良くないようです。
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。