育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三回に亘って育毛に効果のあるノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボン、パルテノライドのサプリメントをご紹介しましたが、これらの副作用について調べてみました。
プロベシア、ミノキシジルのように性欲減退、精子減少、肝機能障害、痒み・発疹などの副作用は確認されませんでしたので、安心して継続摂取できるサプリメントと思います。

ノコギリヤシは男性ホルモンに働きかけ、前立腺肥大症を改善することが知られていますが、近年になって抜け毛の原因の男性ホルモンとも深く関わっていることがわかり、発毛や育毛の効果が確認されており、自然素材で副作用はありません。
カプサイシンは唐辛子の辛味の元ですので、過剰摂取すると胃痛やのどの痛みが出ることがあります。多くはダイエットに使用して飲み忘れた分を過剰に摂取した時、まれに起きるそうです。
イソフラボンは大豆が胚芽に含まれる植物性のポリフェノールの一種ですが、食品安全委員会の報告書では妊婦、胎児、乳幼児、小児については、大豆イソフラボンを日常の食生活に上乗せして摂取することは、推奨できないとしている程度で、副作用については特に心配ないと思われます。
パルテノライドは育毛の救世主かも知れません。
副作用も無く、髪の毛が抜け落ちてから10年以上経過してしまった人にパルテノライドを投与したところ、発毛を実感することができたというケースが報告されています。

ノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボン、パルテノライドのいずれも古くから使用されているもので、近年にその効果が臨床データとして確認されているので副作用の心配は不要と思われました。
ただし、偽物や粗悪品が出回る危険性があることと、過剰摂取は危険行為です。
スポンサーサイト
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。