抜け毛の予防

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜け毛対策として頭皮マッサージ、シャンプー、ブラッシングの3回に分けて説明しましたが、今回はまとめです。
抜け毛予防は頭皮の血行を促進する頭皮マッサージ、頭皮を清潔に保つシャンプー、そして毛根を刺激するブラッシングが基本対策となります。

頭皮マッサージは頭皮をゆっくりと揉みほぐすようにする。
1.両手の親指を左右の耳の上付近に固定します。
2.中指、人差し指、薬指を前頭部髪の生え際に6本が揃うようにおきます。
3.親指を軸にて左右対称に小さな円を「内から外」と描くようにゆっくり生え際からマッサージしてゆきます。
 (テーブルなどにひじをつけると楽ですよ)
4.徐々に指を開きながら、ツムジに向けて頭皮全体をマッサージしていきます。
  これを2,3回繰り返します。
頭が軽くなり、頭皮の血行が良くなったのが実感できると思います。

シャンプーで洗髪する際には、2回洗いが基本です。
一回目は髪を中心に地肌は軽く洗い、2回目は頭皮の血行を高めるように、ゆっくりと頭皮マッサージしながら洗髪します。
またリンスをする前にはしっかりとシャンプーを洗い流し、頭皮に汚れとシャンプーを残さないようにすることが重要です。

ブラッシングは、頭皮に付着している汚れやフケを取り除いたり、毛根を刺激して頭皮の血行をよくしてくれます。
血行が促進されることで、毛根の新陳代謝が活発になり、抜け毛予防の効果につながります。
ブラッシングのコツは少しずつ生え際に向かって摩擦でキューティクルを傷めないよう、髪をいたわるような気持ちでブラッシングします。
後頭部は生え際から頭頂部に向かって、毛の流れと逆方向にブラッシングします。
最後は頭の形にそって頭部全体をブラッシングします。

以上を毎日実践すると髪にコシが出てくるのが実感できると思います。
私の場合4ヶ月ほどで髪が太くなってきた感がありましたが、皆さんは私よりお若いと思いますのでもっと早く実感できると思いますよ。
スポンサーサイト
抜け毛予防は頭皮の血行を促進する頭皮マッサージ、頭皮を清潔に保つシャンプー、そして毛根を刺激するブラッシングが基本対策となります。

ブラッシングは、頭皮に付着している汚れやフケを取り除いたり、毛根を刺激して頭皮の血行をよくしてくれます。
血行が促進されることで、毛根の新陳代謝が活発になり、抜け毛予防の効果につながります。
従って洗髪まえにブラッシングするのが効果的です。
ただし、頭皮に傷をつけたり、無理に毛を引っ張ってしまうようなブラッシングは禁物です。
頭皮をたっぷりと刺激したいために、力の入ったブラッシングをすると良いように考えがちですが、それでは頭皮を傷つけてしまうことになります。
ブラッシングでは、頭皮へブラシの先端を強く押し付けないように注意しましょう。
ブラシも豚の毛や猪の毛など天然素材で摩擦のおきにくいブラシが理想的です。
ナイロンや金属のヘアブラシは安価でよいのですが、頭皮、毛髪ともに傷つけてしまう可能性がありますから、選択に注意が必要です。
また、ブラシの先が少し丸まっており、櫛目もあまり細かすぎないものが良いとされています。

ブラッシングの方法
少しずつ生え際に向かって摩擦でキューティクルを傷めないよう、髪をいたわるような気持ちでブラッシングします。
後頭部は生え際から頭頂部に向かって、毛の流れと逆方向にブラッシングします。
最後は頭の形にそって頭部全体をブラッシングします。
抜け毛が気になり始めたら、即ヘアケアを実践しないと1年で薄毛が目立つようになります。
抜け始めたら進行は早いので、ケアも直ぐに取り掛かりましょう。 
あぁ実感!
前回の頭皮マッサージを基本にして、今回はシャンプー、次回はブラッシングについてまとめてみます。
間違ったシャンプーやブラッシングの方法が、頭皮や髪にダメージを与えてしまっている事例があります。
シャンプーは頭皮ケアにとって重要なポイントになりますが、「育毛シャンプー」と表示の商品を使用するとすると、抜け毛対策には効果が高く抜け毛が減ったと実感できると思います。

添加物の入ったシャンプーは頭皮を傷めてしまいますし、アレルギー症状を引き起こしてしまう可能性も考えられます。自分に合わないと感じたら直ぐにシャンプーを変えることも重要で、もったいないから使いきりしてから変えるのは、頭皮ダメージを拡大します。

シャンプーで洗髪する際には、2回洗いが基本です。
一回目は髪を中心に地肌は軽く洗い、2回目は頭皮の血行を高めるように、ゆっくりとマッサージしながら洗髪します。
またリンスをする前にしっかりとシャンプーを洗い流すことも大切です。
頭皮に汚れを残さないシャンプーをすることが抜け毛対策につながります。
シャンプー後のヘアドライヤーの当て過ぎにも注意が必要です。乾燥を急ぐあまり熱を強くして、頭皮が熱く感じるようなかけ方は、髪にも頭皮にもダーメージを与え良くありません。

薄毛や抜け毛は遺伝や体質のせいだと、はじめから諦めて抜け毛の対策を怠ってはいけません。
原因を理解して対策をすることで進行を遅らせ、育毛につなげることは可能です。
一緒に頑張りましょう。 
知識をもって、意識することで自然と改善につながります。
頭皮マッサージは抜け毛対策に、簡単に自分で出来て効果がありますので、実践をオススメします。
マッサージをすることで頭皮の血行を促進し育毛や発毛の効果が期待できます。
市販のヘッドマッサージャーや指の腹でも効果はありますので、家にいながらでも抜け毛対策をすることはできます。
発毛や育毛の為の細胞は寝ている間に活性化すると言われていますので、頭皮マッサージは、血流が良くなっている入浴中や寝る前に実践するのが効果的です。
頭皮をゆっくりと揉みほぐすようにするのですが、具体的には
1.両手の親指を左右の耳の上付近に固定します。
2.中指、人差し指、薬指を前頭部髪の生え際に6本が揃うようにおきます。
3.親指を軸にて左右対称に小さな円を「内から外」と描くようにゆっくり生え際から、頭頂部に向かってマッサージしてゆきます。
 (テーブルなどにひじをつけると楽ですよ)
4.徐々に指を開きながら、ツムジに向けて頭皮全体をマッサージしていきます。
  これを2,3回繰り返します。

如何ですか? 頭がスッキリとして軽くなり、頭皮の血行が良くなったのが実感できると思います。

丈夫で健康な毛にするために?毎日数回に分けて継続して行う?入浴後、就寝前には必ず実践することが重要です。
頭皮マッサージは抜け毛予防としは無料で出来て効果絶大の方法です。
後は「継続は力なり」です。 習慣にしましょう。


 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。