副作用の話

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AGA(男性型脱毛症)治療薬として使用されるプロペシアの主成分「フィナステリド」は、その強力な効果ために副作用のリスクが指摘されています。
そのため、AGAは治療したいけれど、副作用が怖くてプロペシアの服用をためらってしまう人は少なくありません。
しかし、実際には副作用の発症率は全体の2?5%と低く、症状も軽いものがほとんどです、
安心してAGA治療に取り組むためには副作用のリスクについての正しい知識を持つことが非常に重要な点になります。
プロペシア服用時に発症する可能性のある主な副作用について説明ます。
男性機能の低下
プロペシアの副作用としては最も多く見られる症状で、性欲の減退、勃起不全、精子の減少などが挙げられます。
この中で特に症例が多いのは性欲の減退で、1?2%の人が体感していますが、他の2つと同様、軽症で済みます。
また、プロペシアは性欲を司る「テストステロン」に直接作用するものではないため、性欲の減退に関しては、理論上はこの副作用は起こらないことになっているようです。
体調不良
頭痛や腹痛、下痢、胃部不快感など、体調が不良になる場合がありますが、男性機能低下より更に発症率が低い副作用のため、万一起こっても軽い症状で済みます。
プロペシアによる重篤な副作用
上記に挙げた副作用の他に、極めて稀ですが重篤な副作用を起こす可能性があります。
実際、万有製薬が、自社のプロペシアを服用することによって肝機能障害が起こり得ることを発表し、2007年にプロペシアの重大な副作用として追加しています。
万有製薬プロペシア情報サイト
したがって、肝機能が弱っている方で、プロペシアを個人輸入代行業者などから入手する場合には注意が必要です。
必ず、事前に医師に相談するなどの用心をしてください。
禁止事項
プロペシアは成人男性専用の治療薬であり、女性や未成年者の服用は禁じられています。
特に、妊婦は胎児に影響を及ぼす可能性があるため、手で錠剤に触れることすら禁止されています。
スポーツ選手はドーピング検査に抵触します。

購入するには国内販売されていないため個人輸入、又は輸入代行業者から購入することになります。
ジェネリックプロペシアは40%?80%安く購入できますので、一ヶ月当たり5,000円程の費用で済みます。
スポンサーサイト
リアップは大正製薬が販売している発毛剤で、男性用のリアップX5と女性用のリアップレディがあり、どちらも第一類医薬品です。
リアップの効能・効果は、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」となります。
リアップX5には、「毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を促すミノキシジル(血管拡張剤)が5%配合されており、以前に販売されていたミノキシジル1%配合のリアップよりも発毛改善効果が高いという臨床結果が出ている商品です。
ミノキシジル外用溶液(商標名:ロゲイン)はバイアグラで有名なファイザーが販売権を持っている商品で、何故発毛効果があるのか解明されていません。
ミノキシジルは血圧降下剤として開発された経緯があり、ロゲインの開発段階で循環器疾患での死亡者が数名出ており、発売元の大正製薬では伏せていたこともあって、発毛剤としての発売には色々な疑惑があります。
大正製薬のコメント
リアップX5ホームページ
結局、製薬会社の力技で発売になりましたが、リアップのシリーズは、効能・効果が高い分、用法・用量、使用上の注意をよく守って使う必要があります。
一般的な副作用としては頭皮の痒みが上げられます。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる非作用成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応とされています。多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があるともされています。
その他にも多くの副作用が報告されていますので注意事項の遵守が重要です。
個人の体質に左右されますがまずリアップ(ミノキシジル1%)から試して、リアップX5に移行すると良いと思います。
他の育毛剤との併用は厳禁です。
三回に亘って育毛に効果のあるノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボン、パルテノライドのサプリメントをご紹介しましたが、これらの副作用について調べてみました。
プロベシア、ミノキシジルのように性欲減退、精子減少、肝機能障害、痒み・発疹などの副作用は確認されませんでしたので、安心して継続摂取できるサプリメントと思います。

ノコギリヤシは男性ホルモンに働きかけ、前立腺肥大症を改善することが知られていますが、近年になって抜け毛の原因の男性ホルモンとも深く関わっていることがわかり、発毛や育毛の効果が確認されており、自然素材で副作用はありません。
カプサイシンは唐辛子の辛味の元ですので、過剰摂取すると胃痛やのどの痛みが出ることがあります。多くはダイエットに使用して飲み忘れた分を過剰に摂取した時、まれに起きるそうです。
イソフラボンは大豆が胚芽に含まれる植物性のポリフェノールの一種ですが、食品安全委員会の報告書では妊婦、胎児、乳幼児、小児については、大豆イソフラボンを日常の食生活に上乗せして摂取することは、推奨できないとしている程度で、副作用については特に心配ないと思われます。
パルテノライドは育毛の救世主かも知れません。
副作用も無く、髪の毛が抜け落ちてから10年以上経過してしまった人にパルテノライドを投与したところ、発毛を実感することができたというケースが報告されています。

ノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボン、パルテノライドのいずれも古くから使用されているもので、近年にその効果が臨床データとして確認されているので副作用の心配は不要と思われました。
ただし、偽物や粗悪品が出回る危険性があることと、過剰摂取は危険行為です。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。