知って得する知識

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育毛剤には血行促進成分が天然、合成にかかわらず、
いろいろな組み合わせで配合されています。

育毛剤を使っているからと安心せずに、食物からも育毛に必要な
成分を摂取することが育毛効果を高めます。

代表的な成分としては 
【亜鉛】
たんぱく質やDNAの合成を促進する働きをし、
細胞の新陳代謝や成長の促進を助けます。
これだけでは良くわかりませんが、欠乏すると成長障害や味覚異常、
免疫力低下、男性の場合生殖機能の発達や維持ができなくなります。
私事ですが、マカを摂取するようになってから、
風邪も引かず、体調が非常に良くなりました。
多く含まれる食物は、牡蠣、レバー、牛豚もも肉、ココアなど

サプリメントのマカは安価で入手できますのでオススメです。
楽天市場で100円からありますが、100円あたりの含有量で判断してください。
100円あたりのコストパフォーマンスで最高の愛用商品です。

1カプセルで500mg摂取でき、1ボトルで3ヶ月使えます。
1,200円(送料500円) 100粒入り

【カプサイシン】
食品としては唐辛子になります。
育毛としての効果は、皮膚温度を上昇させ血行を良くする効果があります。

【サポニン】
動脈硬化、肥満、高血圧、育毛など多くの効果があります。
食品としてはマカ、黒豆、豆腐、味噌、豆乳、納豆、大豆など

【コラーゲン】
美容成分として有名ですが、肌の弾力とハリに効果がありますので、
頭皮にも新陳代謝を高め老廃物を排出しやすくする効果が期待できます。
食品は牛肉、あなご、うなぎ、フカヒレ、豚足、軟骨など

【タウリン】
滋養強壮剤のCMでよく聞く成分ですが、魚介類に多く含まれている
アミノ酸で、心臓や肝臓の働きを高める作用もあり、生活習慣病に
効果があります。

【鉄】
血液中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分になっていて、
酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きをしています。
食物はレバーが一般的に知られていますが、魚、貝、大豆、
緑黄色野菜、海草にも鉄分が多く含まれています。
銅も鉄分を運搬するつなぎ役として必要成分となります。

【トコフェロール】
ビタミンEの一種ですので、抗酸化作用があり、細胞の老化防止、
健康維持や育毛を助けます。大豆、芽キャベツ、アーモンドなど

【葉酸】
DNAなどの核酸を合成する重要な役割があり、赤血球の細胞の
形成を助けたります。
ほうれん草など緑の葉に多く含まれる。

その他、ビタミン類も育毛に必要な成分です。
このように見てくると、健全な食生活が育毛を志す者として、
重要であることがわかります。

また、血液・血行に関する成分が多いので、頭皮の血行促進が
育毛に大きく貢献していることが確認できると思います。
スポンサーサイト

タグ : 育毛 マカ

昨年12月に発売された『読めば読むほどフサフサになる 
育毛セラピー―いつまでもハゲと思うなよ』のご紹介です。

作者の鈴木 拓也氏は薄毛の家系に生まれました。
“カッパハゲ”から奇跡の回復を果たした方で、
著者が編み出した育毛法を紹介しています。

医学的知見を基に、著者自身を実験台にして、
試行錯誤の上に成功した体験談と言えます。

著書の特徴として
?安全である
 発毛対策の要はライフスタイルの一新によって、
 健康管理を進めることです。
 副作用による健康障害がない。
?お金がかからない
 無料と言うことではありません。
 プロベシアを使用しますので、1万円/月ほどかかります。
 石鹸シャンプーも提唱されています。
?誰でもできる
 普通に生活していて実践できる方法が書かれています。
?健康になる
 基本理念として「健全な身体に健全な毛髪が宿る」という
 シンプルで継続性が必要なことも書かれています。
 アンチエイジングの基本と言えると思います。

初級編、中級編、上級編の3部構成になっており、
それぞれを実践していく上で、継続的な習慣化が
必要になりますので、志の強い人向きかも知れません。

最後に目次の大見出しを書いておきます。
1.なぜハゲは損なのか?
2.今日から始められる育毛メソッド
3.うす毛克服の習慣術
4.正しい食事で毛髪の勝ち組をめざせ
5.早起きは髪の毛3万本の得
6.ハゲたくなければ残業するな
7.正しい姿勢で育毛のブレークスルーを果たせ

育毛サロンの経営者である東田雪子さんの著書も☆五つと
思いましたが、こちらも納得させられる事が多い著書です。

育毛セラピー

読めば読むほどフサフサになる 育毛セラピー―いつまでもハゲと思うなよ
(リュウ・ブックスアステ新書) 840円

育毛効果の確認は期間の長い結果待ちとなります。
結果がある程度確約された、ミノキシジル・塩化カルプロニウムやフィナステリドのような育毛剤やシャンプー、サプリメントはありません。
自分にあった商品を早く見つけ出すことが必要です。
誰も自分の体にあっている商品を確定できないのです。
自分で色々試して見つけるほかありません。

育毛剤やシャンプー、サプリメントのほかに自分で、しかも無料でできる効果の高い育毛方法があります。
以前、頭皮マッサージの方法で説明しましたが、頭皮マッサージは効果があります。
育毛剤の多くは頭皮の血行促進効果を高める成分が使われています。
サプリメントではイソフラボン、カプサイシン、セレン、ウコン、ミレット、ビタミンEなど血行をよくすることで体質改善を目指しているものが多くあります。
ノコギリヤシパルテノライドはミノキシジルと同様、副作用として効果が確認されたサプリメントです。

頭皮マッサージと平行して育毛に効果のあるツボ刺激をおすすめします。
育毛によいツボを押すことにより、硬くなった頭皮の血行をよくして髪を作り出す毛母細胞を活発にさせます。
一般的に百会(ひゃくえ)、天柱、風池が知られています。
百会のツボは、両耳を結ぶ線と眉間の間を上に辿った線が交差するところの頭頂部にあります。
天柱は後ろ髪の生え際の背骨がくぼんでいる両脇となります。
風池は天柱の更に外側となります。

私のツボ押しは百会の場合、頭皮マッサージと兼用で親指以外の指で、ポンポンとたたくようにマッサージしています。
天柱、風池は人差し指と中指でグリグリと揉んでいます。
これだけで頭が軽くなりますので試してみてはいかがでしょう。
喫煙による身体への害は多くの人が認識しているところです。
「今日も元気だ! タバコがうまい」と喫煙者は健康のバロメーターと思っているかも知れません。
喫煙により血管の収縮が起きますので、育毛には大きなブレーキとなります。
害は育毛だけではありません。

タバコの煙には約50種類の発ガン性物質が含まれていると言われています。
喫煙によって体内に有害な活性酸素が多量に発生すると、細胞核の中にあるガン遺伝子や、ガン抑制遺伝子、修復遺伝子が次々と損傷を受け変異を引き起こすことになります。
ガン以外にも、タバコの3大害(ニコチン、一酸化炭素、タール)の一つである一酸化炭素は、動脈硬化の原因とされており、血管の老化を引き起こします。
更に老化の原因となる活性酸素を取り込むことになるので、喫煙者の皮膚を見るとブリンクマン指数600以上の方は、非喫煙者の皮膚より老化していることが素人目にも分かります。

タバコは何故止められないのか?
ニコチンは血管収縮作用がありますが、それ以外にも抗不安作用のあるセロトニン、幸せな気分にさせるドーパミン、血管収縮と血圧上昇や興奮作用のあるアドレナリンを生じさせます。
ニコチンが体内からなくなりかけるとセロトニン・ドーパミンの作用で多くの人はタバコがやめられなくなるといわれています。

内科治療でも禁煙成功者は65%と言われていますので、かなり依存性が高いと言えます。

喫煙者はタバコを吸う動作がDNAとして刷り込まれていますので、今流行の電子タバコでは止めれません。
強い精神力と止めるための目的意識が必要になります。


辛い思いをしながら精神力で一時的にタバコを止めることができたとしても、喫煙したいという欲求は、あなたが意識しなくても体内でくすぶり続けています。
喫煙者に後戻りするのは時間の問題なのです。
禁煙を先伸ばするとあなたの貴重な人生の時間・・・お金・・・そして健康が失われます。
「タバコを1本吸うと、あなたの寿命が5分縮みます!」

オススメはこちらです。
「もしこの方法で禁煙することができなければ、全額返金保証付きです!」
不思議な禁煙術「ビューティフル・ライフ」 


インターネット販売されている健康食品は星の数ほどあります。
中国製品のやせ薬として販売されていたダイエット食品では、死亡事故が起きており、ご記憶されている方も多いと思います。
余談ですが、中国からの観光客が日本の風薬や薬剤を大量に買い込んでいるTVニュースがよく放映されています。
中国の人は自国の市販薬を信用していないということです。

日本ではサプリメントブームで、国民のほとんどが何らかのサプリメントを利用しているといわれています。
育毛効果のあるとされる、パルテノライドノコギリヤシカプサイシン、イソフラボンなどを以前にご紹介しましたが、これらは自然成分ですので安心と思います。
しかし、問題なのは自然食品には、化粧品や医薬品のように特別な規制がされていないことです。
更に、効果に対する保証もありません。健康食品ですから・・・
発がん性物質を含んでいても販売できてしまう恐さがあります。

健康食品はビタミンやカルシウム、鉄などの補充が多いと思いますが、抜け毛が増えたり、頭皮から異臭がしたりするのは、意外と知られていませんが、過剰摂取が原因と考えられます。

主な栄養素の効果と過剰摂取の症例を記載しますので参考にどうぞ。
ビタミンA
  欠乏症状:目に関する症状=夜盲症、色覚異常、乾き目、疲れ目
  過剰摂取症状:脳圧亢進、目のかすみ、頭痛、イライラ、嘔吐、抜け毛、貧血
ビタミンD
  欠乏症状:骨の異常=骨軟化症、くる病
  過剰摂取症状:腎臓・循環器系障害、吐き気、下痢、多尿
カルシウム
  欠乏症状:骨粗しょう症
  過剰摂取症状:便秘、腎臓結石、亜鉛・鉄分の吸収阻害
カリウム
  欠乏症状:しびれ、嘔吐、錯乱、不整脈
  過剰摂取症状:力が入らない、手足や舌の刺痛、心拍の乱れ
鉄分
  欠乏症状:貧血、爪が割れる、手足が冷える
  過剰摂取症状:疼痛や嘔吐、下痢

まさに過ぎたるは及ばざるが如しです。

今回は育毛とは直接関係ありませんが、パルテノライド、ノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボンも過剰摂取すると髪の回復を妨げる要因になるかと思います。
育毛に効果のある製品もまだまだ解明されていない点が多く見受けられます。
パルテノライド、ノコギリヤシも本来の目的外の副産物ですから。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。