抜け毛の原因

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代社会はストレス社会と言えると思います。仕事や人間関係、或いは家庭でも多くのストレスが私たちを取り巻いています。
ストレスを溜め込むと体のバランスがおかしくなり、不調になることは皆さんも経験があると思います。
ストレスは血液循環を悪化させ肩こりや頭痛、胃炎の原因になったりしますが、抜け毛を促進する原因にもなっています。
その主な要因をご説明します。
■血行不良
人間の血液は自律神経によってコントロールされており、ストレスが自律神経を緊張させ血管を収縮させます。
その結果、血液の流れが悪くなり、肩こりや首こりなどの障害を引き起こします。
髪の毛を発育させる毛母細胞へ十分な栄養が行きわたりにくくなり、毛が細くなったり抜け毛の原因になります。
■不眠症
自律神経には人の体を活発にする交感神経と、人の体をやすめる副交感神経の2つがあります。
髪が育成されるのは、睡眠しているときに働く副交感神経の役割で、ストレスはこの副交感神経の働きを弱めます。
布団に入ったのにいつまでたっても眠れない…この様な症状は副交感神経が、正常に機能していないと言えます。
また、睡眠には昼に受けた髪のダメージを修復する作用もありますから、寝る時間が短くなると抜け毛を加速させることになります。
■内臓不調
ストレスによって胃が痛くなるのは、自律神経に支障をきたしているためです。
内臓の働きが不調になると、髪を育てるタンパク質やミネラルの合成や吸収が悪くなり、ヘアケアにはマイナスです。
■アドレナリンの過剰分泌
強いストレスを受けると、アドレナリンが作用し筋肉が極度に緊張します。アドレナリンの影響で、体内の活性酸素が急激に増加し、皮脂腺が活性化され必要以上に皮脂が分泌されます。
過剰に分泌された皮脂は、毛穴の中の古い角質と混ざり合い「角栓様物質」という塊となって毛穴を塞いで育毛を阻害します。

ストレスの発散方法は人それぞれで異なると思いますが、気持ちをいつもポジティブに保つことでかなり解消可能と思います。
ストレス解消が上手な人は髪の毛に良い環境を作っていると言えます。
スポンサーサイト
抜け毛の原因?生活習慣0828
偏った生活習慣は抜け毛や薄毛の大きな原因の一つです。バランスの取れた食生活や生活習慣を身につけることが抜け毛予防の一歩となります。
■偏った食事
高カロリー、高脂肪の食事は髪の毛だけでなく身体にも良くありません。
健康でつや・こしのある髪の毛が育つためには、バランスよく食べることが重要です。
髪に必要な栄養素は、良質なタンパク質で豆腐や納豆などの大豆製品にふくまれます。
またアミノ酸が含まれる小魚や鉄分を含むアサリやシジミ、ビタミンやミネラルを含む緑黄色野菜なども、大切な栄養素です。
■睡眠不足
睡眠不足は髪の成長を阻害し、更に過剰に皮脂が分泌され、頭皮が脂性になり毛穴をふさぐ原因になります。
また夜型の生活習慣を過ごしていると、ホルモンバランスが崩れヘアサイクルも乱れてしまいます。
髪の毛を健康に保つためには、十分な睡眠をとりゆっくりと体を休めることが重要です。
■運動不足
体を動かすことによって、ストレス解消効果もあり、全身の血行の流れもよくなります。
またホルモンのバランスも整えられます。適度な運動によって毛母細胞も活性化され毛根の活動も促されます。
■たばこ
たばこのニコチンは血管を収縮させる作用がありますので毛細血管の血流が悪くなります。
血液の流れが滞ることによって、毛母細胞に十分な栄養が行きわたらず髪の成長に悪影響をあたえます。
たばこの吸い過ぎには充分な注意が必要です。
■飲酒
アルコールは適度にとり入れることで長生きの薬とも言われ、血行もよくなりストレス解消効果もあります。
しかし、深酒は抜け毛を促進してしまいますので、飲み過ぎには注意が必要です。

生活習慣の改善は明確な目標を持って、目的達成の為のスケジュールを綿密に組んで実行する硬い意思が必要です。
抜け毛になりやすい体質は一般的に遺伝すると言われていますが、これはDNAに前回解説の男性ホルモン作用が遺伝子として刷り込まれているためと言われています。
抜け毛、薄毛になりやすい体質を受け継いでいることになるので、生活習慣や頭皮に対するケアに注意を払うことで防止可能です。
しかし現段階では、まだはっきりとは証明されていません。

同じ家族内で生活していると食生活、生活習慣が親の世代からどうしても同じになってしまう傾向があります。
知り合いに64歳を上としてそれぞれ独立した5人兄弟がいます。親はハゲの傾向が強いと思われます。祖父は普通程度。
そこで長男は薄毛ではありません。長男は母親方の遺伝形質が強いと言われています。次男、三男はハゲタイプ。四男は普通で五男はハゲタイプです。いずれの兄弟もお酒は人並み以上に飲みます。タバコは長男と五男以外吸います。
私が五人を観察してハゲ傾向の少ない長男と四男の共通点として思うには、?オシャレである?偏食が少ない?体型は普通?会話にゆとりがある?頭の形が二人似ている。
このことから私見ですが?オシャレと言うことは清潔にも気配りしている?偏食が少ないと言うことはバランスの取れた食事を奥さんが管理している?体型は普通と言うことは肥満体型ではない?会話にゆとりがあると言うことは性格がのんびりタイプ?頭の形が似ている(他の兄弟より細い)ということはハゲづらい頭の形(前回の私見)であると思います。
読者の皆様も周りの人を注意深くウォチングすると新しい発見があるかも知れませんよ。
(参考)抜け毛が遺伝によっておこる場合は、隔世遺伝するケースが多いという報告もあります。
最近の研究では、こうした遺伝的要因による抜け毛の原因は、父親よりも母方の遺伝子による影響が大きいという説が有力視されてきています。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。