育毛成分

育毛に関する幅広い情報を抜け毛、薄毛、脱毛など育毛で困っている、心配している方へ自分に合った実践情報を提供します。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は血行促進効果がある自然成分を取り上げました。
育毛剤にはいずれかの成分が使用されています。

今回は身体の血行促進に効果があると思われる成分を
確認しておきたいと思います。

育毛効果のある成分
  
カプサイシン 唐辛子
 エネルギー代謝を促しますので、ダイエット効果もあります。
 抹消神経を刺激して体全体の血行を促進しますので、
 育毛にも効果が高いとされています。
  
アスタキサンチン 鮭、鮭の筋子・イクラ、鱒
 脂肪に溶ける性質のため、細胞内で活性酸素を分解して、
 血液サラサラを作ります。美肌効果があります。
 抗酸化力はビタミンEの500倍と言われています。

サポニン マカ、黒豆、豆腐、味噌、豆乳、納豆、大豆など
 脂質の吸収抑制作用、分解作用がありダイエットに有効
 動脈硬化、肥満、高血圧、育毛など多くの効果あり

トコフェロール 大豆、芽キャベツ、アーモンド、小麦胚芽
 ビタミンEの一種ですので、抗酸化作用があり、細胞の老化防止、
 健康維持や育毛を助けます。

ナイアシン 多くの食物に含まれています
 神経や脳機能を正常化して、性ホルモンの合成にも役立っています。
 肌荒れ、不眠症、育毛、二日酔いなど

ビタミンE 多くの食物に含まれています。
 血行がよくなることで美肌効果が有名です。
 育毛、美肌、腰痛、老化、高血圧、糖尿、肩こり、精力など

葉酸 ニラ、イクラ、大根の葉、アスパラガス、ほうれん草
 細胞組織形成や細胞機能の正常を助けます。
 育毛、貧血、口内炎、動脈硬化に効果があります。

その他血行促進成分
フラボノイド、βカロチン、ルチン(ビタミンP)など

育毛効果のある成分は安価なサプリメントが多く販売されています。

これらの血行促進成分をサプリメントなどで、過剰に
摂取することは危険ですのでお止めください。
副作用が併発する恐れがあります。

スポンサーサイト
育毛剤に使用されている自然から作られた成分をご紹介します。
科学合成物質と違い安心して使用できると思います。
花や木などの植物、果物、野菜などから作られた自然系成分は、多くの商品に配合されています。
また、種類も多いため各商品で色々な組み合わせで使用されています。

育毛は個人によって得られる効果が異なるため、頭皮の血行促進、タンパク質除去、毛方細胞増殖促進、末梢血管拡張作用、肝機能改善、殺菌・抗菌作用など、色々な薬理作用を個々に合わせた商品が開発されています。

育毛剤によく使われている成分としては
1.センブリエキス
 リンドウ科の植物で古来より、胃薬として使用されている漢方薬の一種です。
 内臓脂肪率が高い人、肥満な人は内臓を圧迫して血行が悪くなります。
 胃薬が育毛剤に使用されているのは、胃の血行を良くすることで頭皮の血行も
 良くなるため使用されています。
2.トウキエキス
 セリ科植物であるトウキの根から抽出されるエキスで、血行促進や抗消炎、保湿
 効果などの働きをします。
3.ニンニクエキス
 細胞分裂を活発化させる効果があり、頭皮の毛細細胞を刺激して、毛母細胞活性
 作用を期待できます。
4.ヒノキチオール
 ヒノキやヒバなどから抽出した油に含まれている成分で、殺菌作用や抗炎症作
 用、細胞活性効果などがあります。
 雑学:檜を伐採するきこりにハゲがいないという事実を知り育毛剤に応用された
5.センキュウエキス
 セリ科植物であるセンキュウの根から抽出されるエキスで、抗菌や抗炎症、血流
 改善などの働きがあります。
6.オランダカラシエキス
 オランダカラシと言うセリ科の植物から抽出されるエキスで、血行促進作用や皮膚
 細胞活性作用、発毛促進作用などの働きをします。
7.クララエキス
 マメ科の植物クララの根から抽出されるエキスで発毛促進作用や血行促進作用、
 抗菌作用などの働きをすると言われています。
8.セイヨウアカマツ球果エキス
 セイヨウアカマツと言う植物から抽出されたエキスで、皮膚再生作用や血行促進
 作用などの働きがあると言われています。
9.トウキンセンカ花エキス
 キク科のトウキンセンカと言う植物の花から抽出されたエキスで、鎮痛作用や血行
 促進作用、抗炎症作用などの働きがあると言われています。
10.ダイズエキス
 マメ科の植物である大豆の種子から抽出されるエキスでイソフラボンや糖、サポニ
 ン、アミノ酸を含んでいて女性ホルモン様作用や育毛効果、保湿効果、コラーゲン
 生成促進作用、抗炎症作用、抗酸化作用などの働きをします。

その他、桐葉エキス、柿葉エキス、桑白皮エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、トウガラシエキス、オウゴンエキス、アロエエキス、カミツレエキス、トコフェロールエキス、カンフルエキス、ニンジンエキス、コンブエキス、柑橘類エキス、ホップエキスなどなど、またまだ沢山あります。

育毛剤の成分は血行促進、抗菌・殺菌、保湿作用の組み合わせで作られています。
現在は成分表示はしていますが、配合比率などの表記義務はないため比率は分かりません。
注意:ニンジンやコンブ、かんきつ類エキスは用意に手に入りますが、ご自分で
調合エキスを作って頭皮に塗ることは自殺行為です。
以前、無料でもらえる育毛剤「薬用グローリン・ギガ」をご紹介しましたが、成分について調べてみました。
育毛剤に含まれる成分は血行促進、男性ホルモン抑制、抗炎作用、脂質除去、保湿作用、清涼作用などの成分に分類できます。

血行促進
センブリエキス → センブリというリンドウ科の植物から抽出されるエキス。毛根を刺激し、発毛を促す作用があります。
カンフル →別名で樟脳(しょうのう)と呼ばれ、くすの木からとれる精油成分です。医薬品では局所刺激薬,局所消炎・鎮痒薬として、また服の虫除けに使われています。メントールと共に配合される場合が多く、血行改善や軽い興奮を促すために使われる。
トウガラシエキス →頭皮の血行を促進させて、毛根部分に栄養が良く行き渡るようにする効果があります。
ニンジンエキス → 血行促進作用の他、保湿作用があります。
カミツレエキス → 菊科植物であるカミツレ花の抽出エキスです。抗アレルギー作用や炎症抑制作用、血行促進作用があります。

男性ホルモン抑制
トコフェロール → 大豆・アーモンド・卵黄などの食品に多く含まれる。α?トコフェロールは、コレステロール抑制や免疫強化、毛髪育成といった働きがあるといわれてます。

抗炎作用
グリチルリチン酸2K →抗炎症、抗アレルギー作用から慢性、急性の皮膚炎に対して効果があります。
メントール →ハッカ・セイヨウハッカなどの植物から採れる揮発性の精油成分で、消炎作用があるため、頭皮の殺菌に効果があります。
アロエエキス →アロエベラの葉から抽出したエキスで、保湿効果や抗炎症作用などの働きをします。
オウゴンエキス → オウゴンエキスとは、シソ科の植物コガネバナの根(オウゴン)から、抽出したエキスです。消炎、抗炎症、収斂、保湿、細胞賦活、抗アレルギー、抗菌などのはたらきがあるとされてます。
ニンニクエキス → ニンニクから抽出されたエキスで、殺菌作用や抗菌作用、細胞活性作用などの働きがあると言われています。
ヒアルロン酸Na →皮膚組織に広く存在し、皮膚の潤滑性と柔軟性を保ち細菌感染を防いでいると考えられています。水分保持能力が非常に優れており、乾燥している時でも肌からの水分の蒸発を防ぎます。

脂質除去
褐藻エキス →保湿効果の他、皮脂の分解効果もあります。

清涼作用
メントール

以上の成分が表示されておりました。
成分の分量表示は開示されていませんでした。
血行促進と抗炎作用成分が多く含まれていますので効果は高いと思われます。
無料で毎月もらえる育毛剤です。
お試しはこちらのメーカーサイトから申し込めます。→グローリン・ギガ


抜け毛を防ぎ発毛促進【薬用グローリン・ギガ】毎月無料でご提供!

発毛剤ではAGA治療薬で有名なミノキシジルとフィナステリドは、病院治療薬ですので、それ以外の一般販売されている育毛・発毛剤の成分を検証してみました。
育毛剤は何が入っていて有効成分は何が良いのでしょう。

大正製薬のリアップはミノキシジルがセールスポイントの商品ですが、その他の育毛剤を調べてみると実に色々な成分が入っています。
育毛剤自体も沢山の種類が発売されており、代表的なところでは、資生堂の薬用アデノゲン、ライオンの薬用毛髪力各種、第一三共ヘルスケアのカロヤンガッシュ各種、ツムラライフサイエンスのモウガ各種、プロピアのブログノ各種、花王のサクセス薬用フラバサイトとトニックなどがあります。
他にも高額な育毛剤が多く販売されていますが、価格が高ければ効果も高いと思うのは間違いです。

育毛剤に含まれる成分は血行促進、男性ホルモン抑制、抗炎作用、脂質除去、清涼作用などの成分に分類できます。

育毛成分の目的は毛母細胞を活性化させることで、薄毛を予防・回復させたり、発毛を促すことになりますので、毛母細胞に働きかける成分になります。

血行促進成分として一般育毛剤にはペンタデカン酸グリセリド、塩化カルプロニウム、センブリエキス、白薬子(びゃくやくし)エキス、ビタミンH、パントテン酸カルシウム、t-フラバノン、ベンジルアミノプリン、コレウスエキス、ニンジンエキス、ニコチン酸アミドというところが使われています。
それぞれの育毛剤で上記の成分の内、どれかを使用しているケースが多く見られました。
薬用アデノゲンのように資生堂が開発したアデノシンをベースにしている育毛剤もあります。
この中でセンブリエキス、白薬子(びゃくやくし)エキス、t-フラバノン、ニンジンエキスは植物からの抽出エキスですので安心かと思います。
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。